ANIMAL CAST LIBRARY

アフリカハゲコウMarabou Stork

学名
Leptoptilos crumeniferus
特徴
大型のコウノトリの仲間
頭の羽根が無くハゲた姿からハゲコウと呼ばれる
餌である肉を食べるときに羽根に血が付き汚れないようになっているといわれる
首からお腹にかけて羽根はフカフカで手触りがとても良い
見どころ
軽便鉄道から見える翼を広げた長さは2mを超える姿は世界最大の鳥ダチョウにも引けを取らない
大きなくちばしをカタカタと鳴らす姿(クラッタリング)も必見です
分布
アフリカ サハラ砂漠以南
展示場所
アフリカのサバンナ

写真家 田井基文 撮影

Scroll Top
入園券はこちら